読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいらんの笑門福来\(//∇//)\

「幸せ配達人」あいらんです( ´ ▽ ` )ノ幸せになるための思考から食べログまで何でもござれ♪( ´▽`)

メンタルヘルスに通っていたあの頃…

静かなる日々の階段を…

どーも、あいらんです^ ^

 

ふと近所を歩いていたらメンタルヘルスの看板を見つけ

 

「そういや昔ここに通ってたな〜」

 

何てことを思い出したので書いてみます^ ^

 

f:id:mirainikkichang:20160730133639j:image

 

今から12年くらい前の話です。

元々あがり症気味や人見知りだなと自分で思っていましたが当時の私は結構酷く

 

・電車で前に座っている人が自分のことを笑ってると感じる

・ちょっとした知り合いに街中などで会うのが嫌で見かけたら避けるように逃げてしまう

・コンビニのレジで意味もなくニヤニヤしてしまう。駄目だと思うと余計にニヤニヤしてしまう。

・人前で文字を書くと手が震える。

 

こんな感じの症状で当時は外に出かけるのも嫌だった記憶があります。

 

もしかして精神病かな…なんて思いネットで調べてチェックシートをやると見事に当てはまり診断としては

 

メンタルヘルスに行きましょう\(^o^)/」

 

でした。

 

当時の私はメンタルヘルス=奇声を発する人たちなどが通うものというイメージがあったので行くことにかなりの抵抗がありました。

 

しかし、本当に精神病なのか?間違いじゃないのか?という気持ちが強かったので勇気を出してメンタルヘルスのドアを叩きました。

 

待ち合い室は普通の病院と同じで待っている人達も普通の人たちと何ら変わりなく奇声を発してる人はいませんでした。

 

先生に呼ばれ症状を話すとあっさり

 

社会不安障害(当時は英語4文字くらいで言ってました)と対人恐怖症です」

 

と言われました。

 

そう言われた時の私はとてもショック…

 

ではなく、何だか救われたような気持ちでした\(^o^)/

 

「そうか、病気か…それなら治るかも\(^o^)/」

 

なんて考えていました。

 

メンタルヘルスでは錠剤2種類(ドグマチールともう1つは忘れました)を処方され、自律神経を整える本を買うように勧められました。

 

錠剤の効果は素晴らしく効いているときは不安や緊張がほとんどなく、ほぼ初対面の女の子と2人でも映画を見たり食事をしたりできるようになりました。

それまでの私からはとても信じられず魔法の薬のように感じられました。

 

ただ薬の副作用も現れはじめ、飲んでる間は記憶が途切れ途切れであったり、もの凄い眠気に襲われたりしました。

 

英語を観に行ったときは本編が始まる前の予告で寝てしまい起きたら映画が終わっていて

 

「寝に来たの?お金の無駄じゃん💢」

 

などと怒られることもしばしばありました\(^o^)/

 

そんなこんなで2年くらいメンタルヘルスに通い薬を飲む生活を続けていました。

 

自分の中で薬を飲み続ける不安と飲めば大丈夫だという安心感が交錯していました。

 

薬を飲めば不安や緊張は消える。しかしそれは一時的なものであり

 

「はたしてこれは治療なのか?よくなっていくのか?」

 

と思うようになりました。

 

そして

 

「精神的な問題は科学的なもの(薬)では解決できないのでは?」

 

「精神的な問題は精神的なことで解決するべきでは?」

 

と考えるようになりだんだんとメンタルヘルスに行かなくなりました。

 

その頃からスピリチュアルや精神性の世界に興味をもつようになりました。

 

今でも不安や緊張、人見知りはありますが

 

「そんな自分も好きだわー」

 

なんて思えるようになりました^ ^

 

色々な症状の方がいるとは思いますが私なりの改善(?)方法でした。

 

誰かの気付きや参考になっていただけたら嬉しいです^ ^

 

それでは今日もあなたにとって全ての良きことが雪崩のごとく起きます( ´ ▽ ` )ノ✨