あいらんの笑門福来\(//∇//)\

「幸せ配達人」あいらんです( ´ ▽ ` )ノ幸せになるための思考から食べログまで何でもござれ♪( ´▽`)

善悪の屑

どーも、あいらんです( ´ ▽ ` )ノ

 

昨日はお休みだったので漫画喫茶でビジネスの視察をしてました^ ^

 

前から気になる漫画があったのですがなかなか置いてなくて?

やっと見つけました(//∇//)

 

その漫画とは

 

 

 

「善悪の屑」

 

です^ ^

 

善悪の屑(1) (ヤングキングコミックス)

 

この漫画は復讐ランキング←なんだそりゃw

で1位の漫画です?

 

ざっくりあらすじを言いますと犯罪の被害者の遺族たちが、復讐屋に復讐を依頼するというものです。

 

犯罪を犯しながらも無罪、または軽い刑期で出てきた。または全く反省せずに人生を楽しんでいる。

 

それらに納得のいかない遺族の方々が

 

「あの子が死んだのに、あいつが生きているなんて許せない…」

 

「苦しんで死んだあの子以上の苦しみを与えて下さい…」

 

と復讐屋に依頼するわけです。

 

この漫画の特徴として実際起きた事件を参考として取り上げられている点があります。

 

過去に類を見ない凶悪犯罪といわれた

 

「コンクリート事件」

 

「名古屋アベック事件」

 

などが出てきます。

 

復讐劇やバイオレンスが苦手な方は読まないほうがいいですね?

 

私はと言いますとこの手の漫画は嫌いじゃないです。

どこに惹かれると聞かれるとよくわからないのですが読んでスカッとするとか気分が晴れるというわけではないです。

 

何ていうか犯罪者側の心理描写が興味を深いと言いますか、この手の犯罪者って特別「お金がほしい」とか「人を殺したい」って感情が強いわけではないんですよね。

 

気分だとか楽しいからとか…。だから犯罪に対して反省というか罪悪感もない。

 

漫画の中で殺した相手をバラバラにしてトイレに流す(この事件も実際にありました?)というのがあったんですが、普通に考えたら無理でしょ…自分が殺した死体なんか見たくもないし、まして斬り刻むなんて絶対に無理。

でも犯人たちはやるんですよね。

 

なんかこのあたりの心理というか意識が自分とは違いすぎてよくわからないけど気になってしまいます。

 

長くなりましたが、実際の事件ということもあり読んで気分を悪くなされる方もいると思います。

 

被害者の遺族の方々の心境、苦しみを知ることで少しでも犯罪の抑制に繋がればいいなと思いますm(_ _)m

 

善悪の屑(1) (ヤングキングコミックス)

善悪の屑(1) (ヤングキングコミックス)